小峠英二、「仕事向いてない」と悩む後輩にかけた言葉が反響呼ぶ

「芸人に向いていない」と悩むパンサー・向井慧。これに対するバイきんぐ・小峠英二の回答とは。

エンタメ

2020/11/25 15:30

バイきんぐ・小峠英二

24日放送の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)に、お笑いコンビ・バイきんぐの小峠英二が出演。後輩芸人のパンサー・向井慧の悩みに対してかけた言葉に反響が相次いだ。



 

■「芸人向いてない」と悩む向井

番組では、小峠と向井がサシ飲みしながら本音で語り合うVTRを放送。向井は、先輩の小峠に対して、最近「向いてないなぁ、この仕事」と強く悩んでいると打ち明けた。

現在はトリオの中でツッコミの立ち位置だが、元々はボケを担当したくて養成所に入ったと振り返る向井。

そこで、同期のチョコレートプラネットやシソンヌをみて、「面白いな」「ボケってこういう人たちか」と現実を思い知り、「何とかこの世界にいる術ないかな…」と考え、現在の立ち位置に至ったという。


関連記事:パンサー向井、ハナコ秋山の結婚を祝福するも… その方法に驚きの声

 

■向井の実力を認める小峠

この話を聞きながら、終始向井に「向いてるよ」と声をかけた小峠。「向井はボケには向いてないけど、ツッコミには向いてるよ」「お笑い向いてないとか、それは違う」「ちゃんとツッコむし、場の空気も良くするし、めちゃくちゃ向いてる」と、向井の実力を肯定する。

しかし向井は、以前『アメトーーク』(同局系)の「ツッコミ芸人がすごいと思うツッコミを選ぶ」企画に参加した際、出演者同士がお互いのツッコミについて記載するアンケートで、向井の欄が空欄だったことを気にしていたよう。

同じ企画で共演していた小峠は、向井のツッコミについて、声を荒げたり特徴的なフレーズがないため「アンケートってなったときにパッと思い浮かばないだけ」「ツッコミのスキルはみんな認めてる」とフォローした。

次ページ
■向井への言葉が視聴者にも