NHKから国民を守る党が「ゴルフ党」へ党名変更 党勢衰退の起死回生になるか

一時は選挙でも注目を集め、地方議会でも少なからぬ議席を獲得したN国党。しかし最近は支持が伸び悩んでいた。

政治

2020/11/28 06:40

立花孝志

NHKから国民を守る党は、27日の党役員会で、2021年1月1日から同党の党名を「ゴルフ党(NHKから国民を守る党)」に変更することを確認し、その後、記者会見を行った。

立花孝志党首は風邪のために役員会のみリモートで出席し、会見にはジャーナリストの上杉隆幹事長と広報担当の「ゆづか姫」こと新藤加菜氏、同党所属の浜田聡・参院議員が出席した。



 

■選挙ごとに党名変更?

そもそも、「ゴルフ党構想」を発表したのは13日の記者会見。立花氏は「NHK問題は今後も続ける。ただ、ゴルフ党にすることによって、ゴルフ関係の著名人を擁立できる可能性が高まる」と述べた。

20日の会見では、「選挙ごとに党名を変更したい。たとえば、『誹謗中傷から国民を守る党』とか不当判決を繰り返す『裁判所から国民を守る党』とか。具体的に『東京地裁の○○裁判官から国民を守る党』と判事を名指しした党名でもいい。『政党』が選挙のたびに名前を変えれば、それだけで話題・ニュースになるだろう」と主張。

「先般、堀江貴文さんの誕生日パーティーでジャニーズを退所した手越祐也くんに会った。彼はいまYouTubeで活躍しているが、そのうち、名誉欲が出てくるかもしれない。誹謗中傷されているから、党名を『誹謗中傷から国民を守る党』にしたら、出馬してもらう可能性はあると思う」と解説した。


関連記事:国民民主党が分党して立憲民主党と新党結成へ 総選挙前に野党の再再編もありうるか

 

■政策も発表

上杉隆

ゴルフ党の政策については、「ゴルファーの上杉隆幹事長に一任する」とのこと。

27日の会見で筆者が「ゴルフ党の政策は何か」と問うと上杉氏は「ゴルフ税廃止」や「ゴルフ場の使用料を500円とか市民の手の届くところにする」「災害の際の避難地としてゴルフ場を活用する」など7つの項目をあげ、ゴルフ党の政策を初めて明らかにした。

次ページ
■選挙に強かったN国党

この記事の画像(1枚)