はま寿司伝説のメニュー『クラムチャウダー茶碗蒸し』が復活 寿司も美味しくなった

はま寿司の北海道紀行フェア、間違いない美味しさだった

グルメ

2020/11/28 10:40

26日からはま寿司で開催されている『北海道紀行』フェア。北海道の美味しい食材を使った寿司をはじめとした料理を提供するものだが、その直前のうに祭りで出されたうにが酷かったので、正直期待していなかった。


画像をもっと見る

 

■復活『クラムチャウダー茶碗蒸し』

しかし、ここに来てその反省を活かしたのか、はま寿司ファンが皆で大絶賛した『クラムチャウダー茶碗蒸し』が復活。

北海道産のホッカイコガネというじゃがいもをふんだんに使い、アサリなどの魚介の風味が効いたスープとともにいただく茶碗蒸しは、まぎれもない絶品。もうこれだけではま寿司へ行く価値大有りの料理なのだ。


関連記事:はま寿司『喜多方ラーメン』が激ウマ 寿司よりラーメン好きが社員にいるのを確信

 

■寿司も美味

さらに寿司も強化されており、150円の秋鮭は非常に肉厚で、以前にスシローの北海道フェアで食べたものより50円高いだけありとても美味しい。はま寿司のネタは薄いイメージだったが、それを完全にくつがえすほどだ。

また、うにつつみは正直ショボかったが、こちらのくり蟹つつみは100円にもかかわらず蟹身がたっぷりで大満足。くり蟹は毛蟹に近いだけあって身の味が濃く、本当にウマい。

次ページ
■サイドメニューも最高

この記事の画像(7枚)