終活の準備をしている高齢者は2割程度 「死を意識したくない」との本音も

自分がこの世からいなくなったときのために、エンディングノートを書くなど終活を始める高齢者が増えている。

ライフ

2020/11/30 10:30

自分の死後に家族が混乱しないために、エンディングノートを準備する人が増えている。また自分らしい最期を迎えるためにも、終活の準備は重要である。


画像をもっと見る

 

■「終活の準備をしている」2割程度

しらべぇ編集部では全国の65歳以上の男女129名を対象に調査したところ、全体の20.2%が「エンディングノートや終活の準備をしている」と回答した。

エンディングノートや終活の準備をしているグラフ


関連記事:久本雅美、億超えの「終の住処」をリアルに探す きっかけはコロナ禍で…

 

■お金にまつわることを

男女別では、女性のほうが高い割合になっている。

エンディングノートや終活の準備をしている男女別グラフ

終活で頭に思い浮かぶのは、やはりお金にまつわることだろう。

「お金にまつわることは、今でも自分が全部管理している。私がいなくなっても家族があわてることがないよう、銀行口座やクレジットカードの情報を書いて残しておこうと思う」(60代・女性)


自分がどのような最期を迎えたいかを、元気なうちに控えておく人も多いようだ。

「残す遺産などはほとんどないけれど、葬儀や延命治療についてのことをエンディングノートに記載している。もし意思疎通できなくなったとしても、私の意思を知ってほしいので」(60代・女性)

次ページ
■断捨離で終活

この記事の画像(3枚)