松屋、話題の690円ステーキ 卓上にない「第5の選択肢」が味の決め手に

松屋に登場したリブロースステーキ。11月29日(いいにくの日)にこの商品を食べたファンは多かったもよう。

松屋

「いい肉の日」(11月29日)、ツイッターには様々な肉料理写真がアップされ盛り上がりを見せていた。中でも目立っていたのは24日にリリースされたばかりという松屋の新メニュー「牛リブロースのカットステーキ定食」(以下ステーキ定食)。

ネットでは「気に入ってしまった」「美味しい!」「後悔しない」という絶賛の声のほか、「味薄め」「ステーキソースはないんか」「マカロニの方が主役…」という否定的な声も。話題を集める理由を店舗で探った。


画像をもっと見る

 

■Wサイズで量的にも満足

松屋

「ステーキ定食」は普通サイズが890円、Wサイズは1,290円(ともに税込)と松屋のメニューの中では高級の部類に入る。ちなみに定食に含まれるライス、味噌汁、生野菜を抜いたステーキ単品では690円(税込)。

普通サイズを注文し約6、7分後、ジュウジュウに温められた鉄板プレートに載せられたステーキが登場した。肉の枚数は6枚で、1枚あたりは分厚いものの、重さでいったら6切れで80グラム程度か。どうせ肉を食べるなら思いっきり食べたい…個人的にはWサイズの方が良さそうだと感じた。

ちなみに「いきなりステーキ」ではリブステーキが1グラム=6.9円(税抜)。今回の松屋ステーキの1グラムを編集部の独自試算で算出すると、1グラムあたりおおよそ7.8円程度(税抜換算)となるため、値段的には一般的な価格帯とわかる。


関連記事:松屋、新メニューの牛ステーキ丼が激ウマ しかし注文時は注意が必要

 

■肉々しさがGOOD

注目は肉だが、肉の味自体はウマい。

肉汁溢れるほどのジューシーさと柔らかさというよりは、肉々しさと食べ応えを意識したような肉質で、溶け出す適度な脂身が食欲を誘う。焼き加減はウェルダンといった感じで、うっすらと塩胡椒で味付けされ提供される。

一方、気がついたがっかりポイントとしては、添え物のマカロニの量が非常に多く、主役の肉と遜色ないほど幅を利かせている点。

そもそもステーキの添え物にマカロニという組み合わせは珍しく、どうしても全体的なカサ増しを邪推してしまった。ただこのマカロニ、鉄板で焼かれて焦げが出てくると異様にウマかったことも記しておきたい。

次ページ
■やや不親切な一面も…

この記事の画像(6枚)