数百円だったカセットテープ、20年の時を経て叩き出した「現代価格」に驚きの声

カセットテープの価格が高騰していると話題。その理由をリサイクルショップに問い合わせてみた。

2021/01/19 18:20


 

■人気に火が付いたキッカケ

メタルテープの生産が終了した2001年以降も一定数の需要はあったようだが、今から数年前に海外の有名アーティストがカセットテープで音源を発売したことがキッカケで人気に火がついた。それにより、今までカセットテープを手にしたことがなかった世代にも広く認知されていく。

ハードオフでは、幅広い世代の客がカセットテープを購入しており、高齢のユーザーは昔から使用しているオーディオ機器の録音、若い世代は自分たちのバンドの演奏を録音する…といった具合に、様々な用途で使用されているという。


関連記事:PS5の価格に「安すぎる」と驚き 転売ヤーの買い占めを心配する声も…

 

■店舗スタッフも驚きの価格

今回話題となったカセットテープ。ネットでは、「いまそんな感じになっているのか」「普通に売っていたときと価格が違う」など驚きの声が多くあがっていた。それだけでなく、ハードオフの店舗スタッフもその値段に驚いたという。

もしかすると、家の中にカセットテープのお宝が眠っているということもあるのではないか。

・合わせて読みたい→思わず冷蔵庫に入れてしまいそうな肉そっくりタオルが話題 人気の秘密を直撃

(取材・文/しらべぇ編集部・Sirabee編集部

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

リサイクルショップカセットテープ価格高騰ハードオフメタルテープ
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング