ふかわりょう、生放送で「想像以上の大パニック」 “とっさの一言”に爆笑

番組冒頭とCM明けでトラブルが…。番組MCのふかわりょうの「一言」に出演者とスタッフが爆笑!

テレビ

2021/02/01 20:15

ふかわりょう

1日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)で放送トラブルが発生。MCのふかわりょうのフォローにスタジオが爆笑する一幕があった。



 

■「お知らせ」でトラブル

番組冒頭、ふかわが「お知らせです」と言ってコーナーを切り替えようとするがうまくいかないトラブルが発生。

番組アシスタントの大橋未歩が「はい、一旦お知らせです」とフォローするも場面が切り替わることはなく、番組スタッフが「お知らせです」と連呼する音声が放送に入ってしまい、大橋が「『お知らせ』って言ってる」と発言したところでようやく場面が切り替わってCMに入っていく。


関連記事:マツコ、生放送中のトラブルに「ちょっと…これ大丈夫なの?」と心配

 

■ふかわのつぶやきに爆笑

しかし、CM明けにもまたもトラブルが発生してしまう。「さあ、『夕焼けトピック』です…」とコーナー名を読み上げるふかわだが、事前の段取りと違うのか歯切れが悪く、その表情には明らかな焦りが。

すると「マツコさん」と電話出演しているマツコ・デラックスの名を呼び、「電話ではありますが、スタジオの混乱ってなんとなく感じていますか?」とぽつり。場を繋ぐためだろう、機転を利かせたとっさの一言に、大橋や番組スタッフから大爆笑が起こる。

普段とは違う状況を把握して「混乱を察知しました」と反応するマツコに、ふかわは「想像以上の大パニックでございます。どうかお付き合いください」と再度笑いを誘った。


■トラブルは生放送の醍醐味?

混乱する出演者たちに、視聴者からは「『5時夢』らしくて良い」「なんか電話もグダグダ(笑)」「2月最初の放送でプチ放送事故(笑)」と爆笑が。

ちなみに、しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,789名に調査したところ、全体の68.1%が「放送事故はある程度仕方ないと思う」と回答している。

放送事故は仕方ない

過去にも「北斗晶がZOOMから消えるトラブル」「生放送中にカブトムシが交尾を始める」などのトラブルも起こっている『5時に夢中!』。何かトラブルが起こることを期待している視聴者も少なくないのかもしれない。

・合わせて読みたい→北斗晶、生放送中リモートが切れて大パニック 「本当にごめんなさい」

(文/しらべぇ編集部・二宮 新一

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo」
調査期間:2020年2月21日~2020年2月26日
対象:全国10代~60代の男女1,789名(有効回答数)