インパルス・板倉、『はねトび』での尖った態度を猛省 ピース・綾部から説教受け

インパルス・板倉俊之が『はねるのトびら』時代を振り返って本音を漏らして…

テレビ

2021/02/03 07:50

インパルス・板倉俊之

2日深夜放送『あちこちオードリー ~春日の店あいてますよ~』(テレビ東京系)にインパルス・板倉俊之が登場。一斉を風靡したコント番組『はねるのトびら』(フジテレビ系)出演時の本音を明かし、大きな反響が起きている。



 

◼多忙だった板倉

若手時代、『はねトび』や『エンタの神様』(日本テレビ系)といったネタ番組で結果を残してきた板倉。毎週新ネタを卸していたためストックが無くなり、「別番組の収録中にネタを考えていた」ほど多忙を極めていたと当時を振り返る。

「クオリティを下げた時点でつまらなくなったと思われる」ため身体を休める時間もなくツライ時期だったが、「振り返ると楽しかった。タレントじゃなくて芸人として生きていられた」と本音を漏らす。


関連記事:板倉俊之、褒め上手な女将に褒められた唯一のこと 「悲しみが広がった」

 

◼『はねトび』当時は…

オードリー・若林正恭は『はねトび』にゲスト出演した当時を思い返し、「ホントはコントやりたいんですけどね」「今日はオムライス作るんですね」と板倉が番組の企画内容に堂々と文句を言っていたと指摘。

「どういう現場だ」と困惑したと若林が明かすと、板倉は別日にゲスト出演したピース・綾部祐二から「マジで態度を改めたほうがイイですよ」と当時尖っていた自身の態度を注意されたと苦笑した。

次ページ
◼人気企画に対して…

この記事の画像(1枚)