コロナ禍のコミュニケーションでトラブルの経験 20代男性では3割も

コロナ禍で、人と会う機会が少なくなっている。そのような中でのコミュニケーションでは、トラブルが起きる人も。

人間関係

2021/02/07 21:00

新型コロナウイルスの流行により、人と会う機会も減っている。文章や音声でのコミュニケーションではうまく伝わらず、トラブルになるケースもあるようだ。


画像をもっと見る

 

■1割が「コミュニケーションでトラブル」

しらべぇ編集部では、全国10〜60代の男女3,140名を対象に調査を実施。その結果、全体の11.4%が「コロナ禍でのコミュニケーションが原因でトラブルになった経験がある」と回答した。

コロナ禍でのコミュニケーションが原因でトラブルになった経験があるグラフ


関連記事:新型コロナで人とのつながりの大切さを実感 10代女性は7割も

 

■テレワークでのやり取りで

性年代別では、20代男性が一番高い割合になっている。

コロナ禍でのコミュニケーションが原因でトラブルになった経験がある性年代別グラフ

テレワークでのコミュニケーションが、うまくいっていないと感じている人も多いようだ。

「テレワークを始めた当初は、お互いの認識が違ったまま仕事を進めたことが何度かあった。離れた場所で仕事をしていると、どうしてもコミュニケーション不足になる」(20代・男性)


「テレワークのときに、上司が曖昧な支持ばかりしてきてイライラしている。会社にいるときには気にならなかったのに、新型コロナのせいでその上司が苦手になりそう」(20代・男性)

次ページ
■コミュニケーション自体が減り

この記事の画像(3枚)