尾木ママ、森会長の後任有力の川淵三郎氏に期待 「女性重視でお願いします」

森喜朗会長の後任の最有力候補に川淵三郎氏の名前が。尾木ママは「いばらのみちですが期待したいですね」。

エンタメ

2021/02/11 19:30

尾木ママ・尾木直樹
(写真提供:JP News)

「尾木ママ」こと教育評論家の尾木直樹氏が11日、ブログを更新。東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長の後任として、川淵三郎氏の名前が挙がっていることに言及した。



 

■女性蔑視発言で猛バッシング

森会長は3日、日本オリンピック委員会(JOC)の女性理事を4割以上にする方針に対して、「女性がたくさん入っている理事会の会議は時間がかかります」などとコメント。これが女性蔑視ともとれる発言だとし、猛バッシングを受けた。

翌4日には謝罪会見を開いて発言を撤回したが、メディアからの質問に逆ギレするシーンもあり、沈静化するどころか火に油を注ぐ形に。

この事態を受け「謝罪によって、この問題は終わり」としていた国際オリンピック委員会(IOC)も態度を一転。「森会長の発言は不適切」との声明を発表した。


関連記事:薬丸裕英、森会長の謝罪会見に呆れ 「なんのためにやったんですかね…」

 

■有力候補に川淵氏

そしてこの日、国内外から批判を浴びた森会長は発言の責任を取り、辞任の方向で調整を進めていることが報じられた。

後任には、Jリーグ初代チェアマンで、組織委の評議員を務める川淵氏が有力視されているという報道もある。

次ページ
■「女性重視でお願いします」