有吉弘行、福島県沖地震に言及 東京でも大きな揺れ感じて「身体が硬直」「覚悟した」

13日に福島県沖で発生した震度6強の地震に関して有吉弘行が言及して…

エンタメ

2021/02/15 08:15

有吉弘行

14日放送『有吉弘行のSUNDAY NIGHT DREAMER』(JFN)で13日に福島県沖で発生した震度6強の地震について有吉弘行が言及。東京でも大きな揺れを感じた恐怖と不安を吐露した。



 

◼震度6強の地震

13日午後11時すぎ、福島県沖を震源とするマグニチュード7.3の地震が発生。福島と宮城で震度6強の激しい揺れを観測した。

その後も地震が相次いでおり、気象庁は今後1週間ほど最大震度6強程度の揺れを伴う地震に注意するよう呼びかけている。


関連記事:福島県・宮城県で震度6強 「東日本大震災のときより揺れが大きかった」との声も

 

◼有吉のエール

有吉は「昨日大変だったね、大きい地震があって、ちょっとビックリして。福島とか宮城とか東北のほうのかたは、まだまだちょっと余震があるって話だし」と同地震に言及。

「当然、被害に遭われたかたもたくさんいらっしゃるでしょうから、気をつけて。くれぐれも引き続き気をつけてください」と被害地の人々にエールを贈った。

次ページ
◼東京地震と勘違いも…