前澤友作氏、”不動産業界の風雲児”と組んでお金贈り 強力タッグに「素敵な仲間」

前澤友作氏がフォロワーにお金を贈る「毎週お金贈り」企画で株式会社シーラホールディングス取締役会長の杉本宏之氏とコラボ

エンタメ

2021/02/15 15:30

前澤友作氏

ZOZO創業者で現在はスタートトゥデイ社長である前澤友作氏が、自身の公式ツイッターを更新。フォロワーたちにお金を贈る「お金贈り」活動を、株式会社シーラホールディングス取締役会長の杉本宏之氏とともに行うことを明かし、反響を呼んでいる。



 

■「不動産業界の風雲児」とタッグ

昨年より、自身を「お金配りおじさん」と称して、抽選などでフォロワーにお金を配っていた前澤氏。11日には、名前を「お金贈りおじさん」に変更することを公表し、他の著名人とコラボしつつ新たに「お金贈り企画」を実行することを明かしている。

さらに15日、「毎週お金贈り最初のコラボ協力支援者は、友人でもあり尊敬する経営者でもあります杉本宏之さん @sugimotosylaです」と杉本氏とコラボすることを発表。

過去に女優の深田恭子との交際が報じられたこともある杉本氏は「不動産業界の風雲児」と呼ばれる著名人で、ネット上では驚きの声があがっている


関連記事:『あさイチ』近江アナの退職報道 話題に触れた博多華丸・大吉の言葉に称賛の声

 

■高いハードルを超えてきた杉本氏

先月の29日に、「お金配りで日本を元気にするには僕一人の力では全然足りません。誰か力を貸してください」と呼びかけ、「僕と一緒にコラボお金配りしませんか?」と新企画への参加者を募った前澤氏。

参加条件は、「ツイッターアカウント(公開のみ)をお持ちの方」「最低1,000万円以上のお金配り予算をご用意いただける方」とのことで、その「ハードルの高さ」も話題に。

今回、そんな高いハードルを超えてきた杉本氏に対して、「素敵なお仲間」「良き理解者ですね」といった称賛の声が集まった。

次ページ
■10代男性はお金持ちを尊敬?