7本指のピアニスト・西川悟平氏の「逆境をプラスに変える生き方」とは

突然の病を乗り越えたピアニスト・西川悟平氏が『サワコの朝』でその超ポジティブな生き方について語る。

テレビ

2021/02/18 17:00

西川悟平氏『サワコの朝』
(写真提供:MBS)

ピアニスト・西川悟平氏が、20日放送の阿川佐和子のトーク番組『サワコの朝』(MBS/TBS系)にゲスト出演する。


画像をもっと見る

 

■24歳で華々しくデビュー

阿川佐和子、西川悟平氏『サワコの朝』
(写真提供:MBS)

西川氏は15歳でピアノを始め、24歳のときに世界的ピアニストの故・デイヴィッド・ブラッドショーさんに才能を見いだされて単身米ニューヨークへ。

同年には米クラシック界の中心地で、あこがれの舞台であるリンカーン・センターのアリス・タリー・ホールで華々しくデビューを飾った。


関連記事:小川彩佳、時にシャワーを浴びながら泣くことも… 仕事と育児の両立を語る

 

■突然の病に見舞われる

しかしその2年後、リサイタル中に指に不調をきたし、ジストニアを発症したことが判明。

ジストニアはアスリートや作家、楽器奏者などに多いとされる病で、普段は思い通りに動く指が、鍵盤を叩こうとすると筋肉が硬直するという、ピアニストにとってつらい症状だった。

一時は両腕が使えなくなったものの、懸命なリハビリとカウンセリングの結果、現在は7本の指が動くまでに回復した。

次ページ
■ピアノを諦めなかった「意外な理由」

この記事の画像(6枚)