10代の2割がSNSアカウントの乗っ取られ経験 「診断系サービスを利用して」

SNSは、とても便利なツールである。しかしアカウントの乗っ取りなど、怖い一面があるのも事実だろう。

テクノロジー

2021/02/21 20:50

SNSのアカウントは、その人の顔と言ってもいいだろう。それほど大切なアカウントが乗っ取られてしまうのは、とても悲しいことである。


画像をもっと見る

 

■「アカウント乗っ取られた」1割程度

しらべぇ編集部では全国10〜60代のSNSユーザーの男女888名を対象に調査したところ、全体の12.2%が「SNSアカウントを不正に乗っ取られた経験がある」と回答した。

SNSアカウントを不正に乗っ取られた経験があるグラフ


関連記事:前澤友作氏、なりすましアカ撲滅に動く 大人気企画に「ある仕掛け」を設置

 

■アプリ連携機能を利用

性年代別では、男女ともに10代が一番高い割合になっている。

SNSアカウントを不正に乗っ取られた経験がある性年代別グラフ

Twitterではアプリ連携機能を利用して、乗っ取りをされるケースも多い。

「Twitterで、身に覚えのない投稿がされていてびっくりしたことがある。診断系のコンテンツを使用したのが原因みたいで、アプリ連携を解除すると解決した」(10代・男性)


「Twitterにある心理テストとかおもしろいからやっていたら、知らないうちに宣伝のツイートをされていた。そのようなサービスは怖くなり、使わなくなっている」(10代・女性)

次ページ
■芸能人の乗っ取りは

この記事の画像(3枚)