「いきなりステーキ」期間限定の新業態が話題 現場で判明した注意点も

いきなりステーキ初となるキッチンカーが2日間限定で東京・錦糸町に登場。記者は現地に急行した!

いきなりステーキ

いきなりステーキ」の新業態「いきなり!キッチンカー」が20日、21日の2日間、東京・墨田区のオリナスタワー敷地内に登場した。同店が移動販売店形式で出店するのは今回が初めて。「いきステ」リピーターの記者がその良し悪しを勝手にジャッジしてきた。


画像をもっと見る

 

■女性客や子供の姿

いきなりステーキ

オリナスタワーに到着すると、その車寄せのエリアに鎮座していたのは「いきなり!キッチンカー」。車内のグリル台前には2名のスタッフがあせあせとステーキを焼き続けており、店頭には数人の待機列ができている。特徴的だったのは、1人で来た若い女性客や子連れ客の姿。

これまで実店舗のメイン層は単身男性か男女2人組のイメージが強かったため、新たな客層へのアプローチになっているようだ。

ちなみに移動車の前には折りたたみ式のテーブルとゴミ箱があり、ここに座って肉にかぶりつく男性客や、袋片手に近くの「錦糸公園」方面に向かう家族連れの姿もあった。


関連記事:松屋、話題の690円ステーキ 卓上にない「第5の選択肢」が味の決め手に

 

■サーロインをメインに

いきなりステーキ

メニューを見るとかなり実店舗のテイクアウトメニューを厳選しているイメージ。

「いきなり!サーロインステーキ重」(税込1,080円)は適度な脂身がジューシーな一品で、肩ロースを使った同店の定番「ワイルドステーキ」よりだいぶ柔らかく、にんにくを利かせた特製ソースとよくマッチしていた。肉はコーンが敷き詰められたライスの上に乗っている。

いきなりステーキ

「いきなり!サーロインステーキ串」(税込790円)は、このステーキ重にも使われているサーロインステーキを串に刺して焼いたもの。肉の量が多すぎて、竹串2本でどうにかバランスを保っている状態だ。これはダイナミック。

値段はやや高く感じるかもしれないが、屋台などで食べる500円くらいする「カルビ串」の3本分くらいの量がありそうで、ジューシーで食べ応えがある。普段より柔らかい肉を使っているので、ある程度冷めても、美味しくいただけそう。

また以前紹介した「いきなり!特製牛串」(税込324円)もお目見え。キッチンカーでは缶ビールも売っており、暖かい日差しの下、串とビール…もうこれ優勝だろといった感じだ。

次ページ
■ネットでは好評

この記事の画像(6枚)