年の差婚の堺正章、夫婦観を語って反響続出 「尊重してあげなきゃ」

相手を尊重する堺正章の夫婦観が、反響を呼んでいる。

テレビ

2021/02/28 22:50

堺正章
(写真提供:JP News)

俳優・タレントの堺正章が、28日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)に出演。豊富な経験からくる夫婦円満の秘訣を語り、視聴者の反響を呼んだ。



 

■妻にビビっている堺

「あの人にビビっていますSP」と題した今回、出演者はVTRで「ビビっている相手」を紹介。堺が挙げたのは、元モデルで22歳年下の妻・敦子さんだった。

若くて美人な妻に鼻高々という堺だが、過去には2度の離婚を経験しているため、妻に対してはかなり気を使っているそう。妻の機嫌を損ねないよう、髪型や服装の些細な変化にも気付くようにしているが、一方で文句もあるのだとか。


関連記事:ぺこぱ、堺正章“ツウィッター”デビューに華添える 3ショットにファン歓喜

 

■グッとこらえて…

堺はゴルフが趣味なのだが、ある日、ゴルフクラブが「邪魔」という理由で日に当たる場所に移動されていたとのこと。クラブの日焼けを気にした堺はさすがに頭に来たが、ここでグッとこらえ、妻を「素晴らしい!」「いい場所見つけたね」と褒めたそうだ。

理由については、「22も違うと感覚も違うし、僕が良かった(ブレイクしていた)頃も知らない」と、大人の余裕を見せるようにコメント。

続けて、「夫婦っていうのは他人同士だから、それぞれ意見があっていい。僕は2回失敗(離婚)してるけど、自分の意見を押し付けていた」と、過去の離婚から反省していることも明かしていった。


■感心する視聴者が続出

その後も、「相手の意見・アイデアを尊重してあげなきゃっていうのを、やっと気が付いたんですかね。3回目で」と自虐も交えつつ語る堺。一連の発言には、年齢的なものからか、達観したような余裕が滲んでいた。

相手を尊重するという人格者ぶりに、視聴者からは反響が続出、SNSには「堺正章を見習おうと思ったよぼくは…」「奥様との仲を維持しようとする努力に脱帽」「マチャアキの妻愛が凄い」などの声が見られている。

・合わせて読みたい→『半沢直樹』夏目三久アナはココにいた 「なるほど…」と驚く声も

(文/しらべぇ編集部・玉山諒太