『24JAPAN』桜田ひより&上杉柊平、笑顔の2ショットに反響 「ほっとします」

「24JAPAN現場カメラ」撮影現場のオフショット、桜田ひよりと上杉柊平の和やかな様子にスタッフも「素敵な1枚」

テレビ

2021/03/01 16:15

24 JAPAN
(『24JAPAN』 オフィシャルブログ Powered by Ameba)

先月28日、テレビ朝日とABEMA(アベマ)、TELASA(テラサ)の三社共同プロジェクトとなる連続ドラマ『24 JAPAN』が番組公式ブログを更新。女優・桜田ひよりと俳優・上杉柊平の笑顔の2ショットが公開され、反響を呼んでいる。



 

■唐沢寿明が日本版ジャック・バウアーを熱演

本作は、米国連邦機関CTU(テロ対策ユニット)の捜査官ジャック・バウアー(キーファー・サザーランド)が、凶悪なテロ事件と戦う姿を描いた米国ドラマ「24-TWENTY FOUR-」の日本版リメーク作品。日本版ジャック・バウアーにあたるCTU(テロ対策ユニット)第1支部A班の班長・獅堂現馬(しどう・げんば)を唐沢寿明が、その娘・美有を桜田が演じる。

上杉は、美有の親友の夜遊び仲間の1人で、第1話では美有を誘拐するも優しく紳士的な一面をあわせ持つなど、複雑な心情を抱える自称大学生・長谷部研矢を演じている。


関連記事:唐沢寿明主演『24 JAPAN』 木村多江、桜田ひよりとのファミリーショットに反響

 

■笑顔の2人に「素敵な1枚」

この日、本作スタッフが公式ブログを更新し、「24JAPAN現場カメラ」で撮影した上杉と桜田のオフショットを公開。作中の緊迫した状況から一転、ソファーに並んで座り楽しそうに口を開けて笑う2人の様子が切り取られている。この笑顔にはスタッフも思わず「素敵な1枚」とコメント。

「今までの過ちを認め、責任を取ろうとする研矢」「美有は自分に向けられた疑惑を晴らすことができるか…」と次回の展開に触れつつブログは締めくくられた。


■ファン「なんだかほっとします」

2人の和やかな雰囲気に、ファンからは「すっごくいい写真ですね」「なんだかほっとします」などのコメントが寄せられている。

・合わせて読みたい→『24 JAPAN』 桜田ひよりの“あざとかわいい”オフショットに反響

(文/しらべぇ編集部・ゆきのすけ