いきものがかり・吉岡聖恵、初フォトエッセイ『KIYOEnOTE』表紙が解禁

全188ページに及ぶボリュームの初フォトエッセイ。そのスタンダード版の表紙ならびに、超デラックス版の表紙、スペシャルケースのビジュアルが解禁!

1日、3人組音楽グループ・いきものがかりのボーカルを担当する吉岡聖恵が、自身の半生を一冊にまとめた初のフォトエッセイ『KIYOEnOTE -キヨエノオト-』(文化出版局)の表紙が解禁となった。


画像をもっと見る

 

■全188ページに及ぶボリューム

吉岡が歌とともに過ごした自身の半生を初告白した同書は、延べ20時間にわたるリモートインタビューと丸2日間の撮影を経て、全188ページに及ぶボリュームに。

インタビューおよび編集は、ファッション誌『装苑』(文化出版局)編集部員が担当。数々の広告やファッション誌で活躍するフォトグラファー・田中雅也氏による撮り下ろし最新ショットに加え、幼少期から学生時代、そしていきものがかり結成からの20年間を秘蔵写真と貴重なエピソードで振り返る。


関連記事:吉岡里帆、谷間チラリにファン釘付け 「どうしても気になる」

 

■ファンクラブ会員限定の超デラックス版も

また、同書はスタンダード版に加え、いきものがかりオフィシャルファンクラブ(1年2組・いきもば)会員のみが購入できる『KIYOEnOTE -キヨエノオト-(超デラックス版)』も制作。スタンダード版にもう一冊を加えたスペシャルケース付きの特別仕様である。

そして今回、そのスタンダード版の表紙ならびに、超デラックス版の表紙、スペシャルケースのビジュアルが解禁となった。

次ページ
■吉岡コメント到着

この記事の画像(5枚)