全世界で1億冊売れた『進撃の巨人』の超巨大本が話題 講談社に発売理由を聞いた

価格15万円の巨大本の売れ行きは果たして。後のプレミアム化を期待する声も。

2021/03/04 18:20

進撃の巨人
(写真提供:講談社)

別冊少年マガジンで連載中の人気漫画『進撃の巨人』は、4月9日に最終回を迎える。そのクライマックスにあわせた超大型版コミック『巨人用 進撃の巨人』限定発売が話題を呼んでいる。



 

■価格は15万円

コミック版はすでに33巻発売されており、全世界で1億冊売れたという。今回発売される『巨人用 進撃の巨人』は、通常の新書サイズコミックの6倍から7倍ある。縦は約1メートルあり、重さも約14キロ。

進撃の巨人
(写真提供:講談社)

中には『進撃の巨人』の第1話と第2話が収録してあり、全96ページの巨大本に保存ケースが付いている。収納箱+輸送箱で厳重に梱包されて、注文者に宅配される。

3月6日(土)昼の12時から講談社オンラインストアのみで販売し、先着100冊で締め切られる。価格は15万円(税別)だ。


関連記事:「かわいすぎる」と大反響の池本しおり 『ヤンマガ』グラビアに再登場

 

■100冊完売で世界記録達成

今回の販売はギネス世界記録挑戦もかねている。現時点では、ブラジルのサンパウロで発売されたコミック(6,976.02平方センチメートル)が、出版された最大の漫画本として2018年8月にギネス世界記録認定されている。

『巨人用 進撃の巨人』は、その記録越えを目指しており、100冊完売した場合には新ギネス世界記録として認定される。


■意見はまっぷたつ

SNS上では「字が大きくて読みやすそう」、「通販限定なのが残念。本屋で見てみたい」や「後にプレミアムがつくことを期待」、「どんな人が買うのだろう」といった声があがっている。

講談社広報は、しらべぇ編集部の取材に対して「じつは社内でも確実に売れるという意見がでる一方で、全く売れないという声があがった。正直始まってみないとわからないが、ぜひ売れてほしいと願っている」と述べた。

・合わせて読みたい→大橋未歩、夫にしていたハラスメントを告白 嫌がる夫に無理やり…

(取材・文/しらべぇ編集部・おのっち

Amazonブラックフライデー開催中! あれもこれも驚き価格のビッグセール

世界記録コミックギネス進撃の巨人最終回少年マガジン巨人用進撃の巨人別冊少年マガジンクライマックス
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング