春は意外な「強風」の季節 思わぬ事故のリスクを気象予報士が解説

工事現場の崩落で東急東横線がストップ、仮面女子・猪狩ともかさんの事故も「春の強風」が影響。

話題

2021/03/06 12:00

大きくテレビで報道はされませんが、じつは春は強風の季節。先日の東横線沿線での事故や、過去にアイドルが看板の下敷きになって下半身不随になったのも、春。気象予報士の千種ゆり子が解説します。


画像をもっと見る

 

■東横線が長時間ストップ

2日夜、工事現場の足場が強風の影響で東急東横線の線路に崩落しました。東急東横線は翌日3日の昼過ぎまで運転を見合わせ、多くの人の通勤や通学に影響が出ました。

2日は羽田では24.7メートル、横浜では24.4メートルの最大瞬間風速をしており、広い範囲に強風注意報が出されていました。


関連記事:各地で爆弾低気圧の被害相次ぐ 山形県酒田市の公認キャラも危機一髪の事態に

 

■意外にも春は最も風が強い季節

台風のイメージが強いからか、夏~秋が年間で最も風が強いと思われていそうですが、それには少し誤解があります。もちろん1日単位でみると台風襲来時の風のほうが強いですが、月別データを調べてみると…

風速

風速10メートル以上という強風が吹いた日数は、3月や4月が突出していたことがわかります。「春は強風の季節」なのです。

次ページ
■猪狩ともかさんが看板の下敷きに

この記事の画像(3枚)