V6解散は潔い? 「森田剛と三宅健の絆の深さ」ゆえの結論か

ジャニオタ歴30年のライターがV6を長年応援し続けてきたファンに直撃。解散の真相は…

ジャニーズ事務所

「V6解散」について、「潔いねえ」という声をよく聞く。KAT-TUNやNEWSや関ジャニ∞は、メンバーが次々と脱退してもグループを続けているのに対し、V6は「解散」という言葉がでているからだろう。



 

■カミセンだけが消滅

しかし、良く調べてみると森田剛が所属するカミセンだけが消滅。年上組のトニセンはそのまま残してグループ活動を続けるのだ。ことさら潔いわけではないともいえる。

トニセンがグループとして残ることをふまえると、おそらく年上組は森田剛が脱退した後もV6の継続を望んだと思われる。何度も話し合ったというから、V6を存続させる案も出ていたに違いない。しかしなぜ解散になってしまったのか。


関連記事:『ダウンタウンなう』狩野英孝、週刊誌記者から聞いた衝撃の芸能ネタ 松本人志が絶句

 

■ファンの見方は

長く応援しているファンは……

「おそらく、三宅健くんがカミセンの解散を提案したんだと思います。森田剛くんと三宅くんはデビュー前から『剛健』と呼ばれてシンメ(コンビ)で人気が爆発していました。


でもジャニーさんがデビューに向けてメンバーを選んでいたとき、当初は森田くんが入っていなかった。そこで三宅くんが『剛が一緒じゃなかったら、ぼくもデビューしない。』とジャニーさんに強く言ったそうです。それくらい、森田・三宅の絆は強い。


だから、今回ももしかしたら三宅くんが『剛がいないなら、カミセンも解散させよう』と提案したのかも、と思っています」


絆が深いからこその解散……ファンにとっては、寂しいが嬉しいようなエピソードだ。いつか、森田剛によるジャニーズ事務所外の企画に三宅健が呼ばれるようなことも願いたい。

・合わせて読みたい→森田剛の退所でV6解散報道 ファンからは「受け入れられない」の声

(取材・文/しらべぇ編集部・ナンシー関ヶ原