小倉智昭、『とくダネ』終了に本音 「スタジオで死んでやろうと思ってた」

『ボクらの時代』に小倉智昭が出演し「とくダネ!」終了への思いや、ネット社会について言及した。

2021/03/14 10:05

小倉智昭

14日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に、フリーアナウンサーの小倉智昭が出演し、3月26日の放送で最終回を迎える『とくダネ!』への熱い思いを吐露した。



 

■22年間メインキャスター

『とくダネ!』でアシスタントを務めたフジテレビアナウンサーの佐々木恭子、山崎夕貴とともに出演した小倉。

1999年からスタートした『とくダネ!』は、22年という長寿番組としてフジテレビの朝の顔として君臨。番組スタートからメインキャスターを務めていた小倉は、周囲からは「22年も続かないですよね」と労いの言葉をかけられることが多いという。


関連記事:小倉智昭が『とくダネ』放送開始前にした宣言 笠井アナが明かす

 

■「スタジオで死んでやろうか」

しかしそんな声に小倉は「もっとやるつもりでいたんだよね」と言うと、以前番組で「後進に道を譲る」と終了の理由を説明していた発言について「きれいごとだよね」と笑う。

続けて小倉は「本音で言うと、そうじゃない。スタジオで死んでやろうかと思っていたぐらいだから」と胸の内を明かす。

さらに「73歳で22年間やっていた番組が終わると、現役引退だと思われる」と周囲の目を気にすると、番組終了後、1か月程度はお休みするというが、「本当は間は途切れない方がいいよね。次の日から裏番組に出ているぐらいがいい」とプライドをのぞかせていた。

次ページ
■いまならパワハラになるんだろうな

→Amazonで購入前にギフト券チャージ! ポイント最大2.5%還元

エゴサーチ小倉智昭とくダネ!ボクらの時代山崎夕貴佐々木恭子
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング