滝沢カレン、冠番組終了で制作側に悲痛のお願い 「納得いかないです」

滝沢カレンがインスタグラムを更新。『伯山カレンの反省だ!!』終了に正直な心境を吐露した。

エンタメ

2021/03/15 13:00

滝沢カレン

モデルの滝沢カレンが、14日に自身のインスタグラムを更新。番組終了が発表された『伯山カレンの反省だ!!』(テレビ朝日系)への想いを長文で綴り、大きな反響が寄せられている。



 

■「嫌です、絶対」

13日深夜の放送で、終了が報告された同番組。初めてスタッフから聞いた際に、滝沢が「ゴミ箱を蹴っ飛ば」すほど怒ってしまったというエピソードが飛び出すなど、放送中は笑いに包まれていた。

しかし実際には、かなり傷ついているようだ。その後投稿したインスタグラムでは、「ありえないです。悔しいです。納得いかないです。嫌です、絶対。やめてください」と自身の正直な感想を吐露している。


関連記事:滝沢カレン、スタッフにブチギレた神田伯山の妻を絶賛 「奥さん素晴らしい」

 

■スタジオは「おうち」

続けて「どうか、お願いです。私からこんな大切な時間を取らないでください」と綴る滝沢。同番組を「(もう一人のMC・神田伯山と)2人でつくったおうち」「私にとってお城」「実家」と表現し、ゲストとともに過ごした長い時間を振り返る。

そうしながらもやはり現状を受け入れることは難しいようで、「どなたか、『伯山カレンの反省だ!!』だけは取らないでください。今なら一生の願いでも使いたい気分です。魔法使いを探しに行きたい」と悲痛の心境を記していた。


■ファンも「終わらないで」

「悲しい」「毎日悔しい」「涙枯れる」と気持ちを抑えきれない様子の滝沢。ファンからは「大丈夫ですか?」「元気出して、と言っても難しいですよね…」と心配の声が。

また番組を愛していたファンも多く、滝沢の気持ちに寄り添うように「大好きな番組だった。終わらないでほしい」「私の週末の楽しみを奪わないでー!」といったコメントも寄せられていた。

文章の各所から滲み出る番組愛。滝沢がボケ倒し、神田伯山がツッコむという構図は「最高のコンビ」と視聴者のあいだで定評があったようだ。

・合わせて読みたい→滝沢カレンがモデル以外でなりたかった職業を告白 神田伯山は「なれない」

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太