大島由香里、古巣フジテレビに嘆き 「辞めたアナウンサーに冷たい」

『バラいろダンディ』で、大島由香里が古巣のフジテレビに「冷たい」「もうちょっと温かくしてほしい」と発言。毒舌の大竹まことも思わず困惑

テレビ

2021/03/16 23:50

フジテレビ

16日放送の『バラいろダンディ』(TOKYOMX)で、フリーアナウンサーの大島由香里が古巣フジテレビに「冷たい」と嘆いた。



 

■大島がフジへの想い語る

番組では吉本興業が加藤浩次とのエージェント契約を解消したニュースを紹介。MCの垣花正が大島に「フジテレビを独立するときはどんな感じだったんですか?」と声をかける。

大島は「フジテレビを辞めたアナウンサーあるあるだと思うんですけど、フジテレビはフジテレビを辞めたアナウンサーに対して冷たい」と話す。

続けて、「フジテレビの番組に、なかなか出られないっていうのがね、あるあるですね。もうちょっと温かくして欲しいなって思いますね」と告白した。


関連記事:森三中・黒沢の理解しがたい行動に岡村隆史が懺悔 「僕が育てたモンスター」

 

■カトパンは特殊

共演者の内山信二は「確かにそんなに見ないですね」と相槌。

すると大島は「カトパンとかがね、ニュースやったりっていうのは、ちょっとかなり特殊だと思うんですけど、結構色んな番組に出たいなって思っても、なかなかお声がかからなかったり、決まらなかったりってのがあります」と話す。

発言を聞いた内山は「それは大島さんが嫌われているのがあるんですかね、カトパンは出ているわけですからね」とフジテレビをフォロー。大島は「それはあるかもしれない、否定できない」と同意した。

次ページ
■大竹まことがフォロー

この記事の画像(1枚)