ダレノガレ明美、「片目猫」の魅力を力説 里親が見つかりにくい傾向も?

ダレノガレ明美が片目にダメージのある保護猫メイちゃんの写真を添えて「守ってあげなきゃ」と思うと発言し共感が集まる

エンタメ

2021/03/18 15:45

ダレノガレ明美

タレントのダレノガレ明美が、自身の公式ツイッターを更新。愛猫のメイちゃんの写真を添えて、片目にダメージのある猫のかわいさについて力説し、反響が集まっている。



 

■片目が塞がった愛猫を「守ってあげなきゃ」

昨年の11月、片目にダメージを負った子猫を保護し、「メイちゃん」と名付けてかわいがっているダレノガレ。

17日にはそんなメイちゃんの写真を3枚ツイッターにアップし、「姫を飼い始めて感じた事。保護施設に行くと目が片目ない子や姫みたいに濁っている子がいます。なかなか里親さんが見つかりません。すごく可愛いのよ?」と主張。

愛おしくて「守ってあげなきゃ」と思うと述べ、「他の猫ちゃんみたいに元気だしご飯もたくさん食べるし。だから、皆んなもマイナスに思わないでね!」と訴えている。


関連記事:ダレノガレ明美、保護猫を「引き取りたい」という声を全て断った理由

 

■ハンデがあっても「チャームポイント」

ダレノガレの投稿を受けて、リプ欄には片目が見えない猫を飼っている飼い主からの共感の声が殺到。中には、片目ではなく両目が見えない猫の写真も投稿されており、そのかわいらしい姿に「いいね」が続々。

両目が塞がっている猫も、片目の猫も、家の中では普通に過ごしているという報告が多く見られ、「本当に見えないのって思う時もあるくらいです」と述べている飼い主も。

その他にも、「かわいいです」「宝物です」「チャームポイントですよね」といった愛情あふれる書き込みが相次いでおり、ダレノガレ本人も「メイちゃんのお友達が見れて嬉しい みんな可愛いのよ」とハートマーク付きでコメントしている。

次ページ
■メイちゃんはオッドアイだった