堀江貴文氏、渡辺直美への侮辱報道で文春側に怒り 「最低のメディア」

東京五輪で渡辺直美を侮辱する演出案が出されていたとのスクープに、堀江貴文氏が持論を展開。かなり強い表現で『週刊文春』を猛批判した。

エンタメ

2021/03/18 21:00

堀江貴文・ホリエモン・渡辺直美

実業家のホリエモンこと堀江貴文氏が、18日午後、自身のYouTubeチャンネルに動画を投稿。『週刊文春』を発行する文藝春秋社に対し、「最低のメディア」「本当に人間として最低の行為」などと強い怒りをにじませた。



 

■渡辺直美への侮辱報道で…

事の発端は、きょう発売の同誌に掲載されたスクープだった。報じられたのは、東京五輪の開閉会式に関し、女性芸人・渡辺直美を豚に見立て、侮辱する演出が考案されていたという一件。

式の企画・演出の統括役を務めるクリエイティブディレクター・佐々木宏氏が、演出プランを考え合うグループLINEに、この案を投じていた。

これには、オリンピックと「Pig=豚」をかけたダジャレの意味合いがあったそうだが、LINE上ですぐさま「不適切だ」との意見が委員から寄せられたという。


関連記事:坂上忍、過去の「ブスが嫌い」発言について説明 視聴者からは賛否の声が

 

■案そのものは痛烈批判

報道には発覚直後から批判が相次ぎ、佐々木氏は謝罪を公表し辞任。堀江氏は動画でこの件への所見を述べ、まずは「冗談でもあってはならないような最低の発言」と佐々木氏を批判する。

続けて、堀江氏は「立場ある人が軽々しく、名誉を毀損するような発言を複数人が見てる場でやるのは良くない」「飲み会の席でも言っちゃいけない。悪ふざけでも、陰口としても最低」と一刀両断。しかし、その後は「いろんな問題がある」とし、スクープした文春側を糾弾し始めた。

次ページ
■LINEがリークされたことに対し…

この記事の画像(1枚)