「見た目がエグいトマトが一番甘い」って本当? 日本一農家においしく食べるコツを聞いた

日本一のトマト農家がすすめるおいしく食べられるイチオシの方法とは…

2021/03/21 12:00

トマト
(写真提供:曽我ファーム)

農林水産省によると、3月8日の週の野菜の全国平均価格は、トマトがキロあたり612円と平年比86%の価格となっている。また、特に安いのがはくさい(平年比60%)、キャベツ(平年比65%)、レタス(平年比70%)だ。

そんな中、「見た目が悪いトマトがじつは一番甘かったりする」との投稿が話題を呼んでいる。



 

■見た目はエグいが一番甘い

投稿した「トマト専門曽我ファーム」(新潟市)は、野菜ソムリエサミットでフルーツトマト食味・購買部門大賞をダブル受賞したトマト日本一農家。

今回紹介したのは、トマトの「尻腐れ果」。「見た目はエグいですが、黒い部分を切り落とせば問題なく食べられます。スーパーで普通に買いものしている分にはまず出会いませんが、直売所などでもし見つけたら買ってみてください」とツイートした。


関連記事:イオンで買える『カゴメのトマト2021福袋』が超お得 見つけたら即買いしたい

 

■尻腐れ果ができる理由

返信欄には、「なぜ尻腐れ果ができるの?」との声があがっている。曽我氏に聞いたみたところ、まずトマトを甘くするためには、栽培中にトマトが吸える水分を少なくすることによって、強いストレスをかけるそうだ。このことによって実が小さく固くなる。

結果として、果実中の糖分が上がり甘く感じるようになるという。尻腐れ果の直接の原因は、ストレスがかかることによる果実がカルシウム欠乏になるという説もある。

→【Amazonブラックフライデー】年に1度のビッグセール! 12月1日(木)23:59まで。

次ページ
■見つけたらラッキー
ストレストマト新潟市モッツアレラチーズカプレーゼフルーツトマト曽我ファームトマトケチャップスターマーク
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング