60代男性の7割が「献血経験あり」 注射針が怖くてできない人も

献血によって、救われる命がある。しかし献血ができる人には条件があり、当てはまらない人もいるだろう。

ライフ

2021/03/22 11:30

献血は、社会的貢献にもつながる。しかし怖くて避けている人もいれば、健康面の不調からできない人もいる。はたして献血の経験者は、どれほどいるのだろうか。


画像をもっと見る

 

■「献血をしたことがある」4割も

しらべぇ編集部では全国10〜60代の男女1,798名を対象に調査したところ、全体の37.8%が「献血をしたことがある」と回答した。

献血をしたことがあるグラフ


関連記事:橋本環奈、「風が強い」と呟いただけでリプ殺到 体調を気遣う声も

 

■身近に献血をしている人がいて

性年代別では、多くの年代で男性の割合が高くなっている。

献血をしたことがある性年代別グラフ

人が献血している話を聞いて、自分もしてみたくなった人も。

「職場の後輩がよく献血に行っているのを聞いて、自分もやりたくなってきた。後輩からどのような感じなのか聞き、勇気を出して行ったのが初めての献血だった」(30代・男性)


献血ルームの雰囲気が好きで、定期的に足を運んでいた人もいる。

「若い頃には、定期的に献血をしていた。社会に貢献したいという気持ちもあるけれど、献血ルームの雰囲気が好きだったのが大きい」(60代・男性)

次ページ
■注射や採血が苦手なため

この記事の画像(3枚)