解除初日に路上飲みをする人が続出 立川志らくは「頭悪いんだろうね」

21日、緊急事態宣言の解除とともに、都内では桜が満開に。これを受け、花見をしつつ路上飲みする人が多発した。

テレビ

2021/03/23 13:15

立川志らく

23日放送の『グッとラック!』(TBS系)では、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の解除について特集。花見をしながら路上飲みをする人たちに、番組MC・立川志らくが苦言を呈した。



 

■花見をしながら路上で酒盛り

21日、緊急事態宣言が解除され、1都3県の各飲食店では、これまで20時までの時短営業だったところ、21時までの営業に延長された。

この日の番組では、緊急事態宣言解除初日の人出について紹介。東京都・上野では、21時以降も花見をしながら路上で酒盛りをする人々の姿が相次いだ。

番組が街ゆく人に話を聞いたところ、「前の緊急事態宣言のときよりも危機感がないかな」「自粛ばっかでストレスが溜まったから、解消するために飲み会をした」との声があがっている。


関連記事:立川志らく、前回よりも緩い緊急事態宣言を疑問視 「もう脅しが効かない」

 

■志らくは「頭悪いんだろうね…」

この光景に、志らくは「この人たちが感染したとしても、自業自得で仕方がない」と切り出し、「一番腹立たしいのは、まじめにしているほとんどの人にうつす可能性があるってこと。好きに飲んでてこの人たちがなるのはわかるけど、他の人にうつす可能性を理解していない」と指摘した。

また、ロンドンブーツ1号2号・田村淳は「自分だけのことだけならどうぞご自由になんだけど、人にうつす可能性がどうしてふっ飛んじゃうんだろうな…」「緊急事態宣言に慣れちゃったとか関係ない。自分がどうコロナと向き合うか」と苦言。これに志らくは「頭悪いんだろうね…」とつぶやいた。


■視聴者から反響

今回の放送を受け、ツイッター上では「都内だと結構人が出てるんだな」「普通にこの人数だと怖いかも」「ストレスが溜まってるのはみんな一緒だよね」といった視聴者からの声が多数見られた。

また「解除されたからって安全なわけじゃないもんね」「人にうつす可能性をしっかりと考えて行動すべき」など、志らくの指摘に対して、反響が寄せられている。

・合わせて読みたい→志らく、「うちの中でもマスク」に疑問 専門家は「できるわけない」

(文/しらべぇ編集部・北田力也