丸亀製麺、3月31日までに「きつねうどん」を食べておきたい理由2つ

4月1日からの総額表示の義務化に伴って、価格改定も行う丸亀製麺。いまだけは「きつねうどん」を食べておきたい理由は…

2021/03/26 05:30

丸亀製麺

4月1日から、店頭の値札やチラシなどにおける価格表示の「総額表示」が義務付けられ、従来の「999円+税」といった表記は禁止に。

これに伴い、多くの企業が様々な取り組みを行なっており、「丸亀製麺」では価格改定も行われる。また、直近に実施されるキャンペーンの情報も踏まえると、3月31日までは「きつねうどん」を食べておきたいのである。



 

■主力メニューが若干値上がり

丸亀製麺

今月15日、丸亀製麺は、看板商品である「釜揚げうどん(並)」の価格は、税込み290円で据え置き、その他一部商品については、昨今の外食産業をとりまく厳しい環境と人件費が高騰している状況を受けて、価格改定を実施すると発表。

価格改定が行われる主なメニューは「かけうどん」「ぶっかけうどん」「釜玉うどん」「明太釜玉うどん」「とろ玉うどん」「カレーうどん」で、いずれも現行価格より20円ほど値上げへ。


関連記事:打ちたてうどんをリーズナブルな価格で 「丸亀製麺が好き」6割も

 

■「きつねうどん」だけ30円アップ

一律20円の値上げと思いきや、公表されている資料によると「きつねうどん」については、(並)サイズが現行価格税込み440円のところ、4月1日からの新価格は470円と、30円値上がりすることに。

そのため、価格改定前に食べておくべきメニューとしては、差額で考えると「きつねうどん」がオススメというわけだ。

ちなみに、サイドメニューでは「さつまいも天」が現行価格税込み110円のところ、新価格は税込み120円に。

次ページ
■「釜揚げうどん」は4月1日~2日が狙い目

→【Amazon】対象は2万冊以上! Kindle本夏のビッグセール【最大50%OFF】

丸亀製麺釜玉うどん釜揚げうどんかけうどんぶっかけうどん総額表示きつねうどん
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング