『有ジャポ』卒業の田中みな実 有吉弘行が贈った最後の言葉に「愛を感じる」

8年半出演した『有吉ジャポン』を卒業する田中みな実に有吉弘行が贈った言葉とは…

テレビ

2021/03/27 10:00

田中みな実

26日深夜放送『有吉ジャポンII ジロジロ有吉』(TBS系)で、前身番組から8年半アシスタントを務めてきた田中みな実が卒業。有吉弘行から贈られた、彼らしい「最後の言葉」が大きな話題を集めている。



 

◼田中が卒業

2012年にスタートした『有吉ジャポン』時代から、有吉の隣で進行役・アシスタントを務めてきた田中。この日はそんな田中が同番組を卒業する、最後の放送となる。

ねぎらいの言葉を求められた有吉は「8年半ですもんね」と神妙な表情を浮かべ、「本当に8年半…お疲れろれろ、れろレンコン」とこの日出演していた若手芸人のネタをもじって笑いを誘った。


関連記事:田中みな実、唇相性診断で理想の相手を三四郎・小宮と言われ表情なくす

 

◼田中の最後の言葉に…

ここで花束を渡された田中から視聴者に向けた最後の言葉が。「引き続き『ジロジロ有吉』よろしくお願いします。4月からも番組楽しくやっていきます」とカメラ目線で告げると、これに有吉が反応。

「なんで勝手に自分から挨拶したの?」と噛みつかれた田中は「カメラが向いてたし…」と苦笑いを浮かべながら必死に反論する。

次ページ
◼田中に詰め寄る