ファミマ、弁当箱を「意外な素材」に一新 その耐久性を徹底的に追究してみた

紙製に変わった弁当の容器。気になる耐久性を検証してみた。

2021/03/31 05:15

ファミリーマート

ファミリーマートは30日、「炙り焼き鮭といろいろおかず弁当」(税込360円)など、弁当・寿司の一部容器をプラスチックから紙製容器に変更した。


画像をもっと見る

 

■プラスチックの使用量40%削減

同社は昨年、持続可能な社会の実現に貢献するため「ファミマecoビジョン2050」を策定。その一環として、弁当・寿司の一部容器を紙製に変更することを決定していた。これにより、従来のプラスチック容器と比較して、1食あたりのプラスチック使用量が約40%削減されるという。

今後の社会に必要な素晴らしい取り組みだが、一つ気になる点が容器の耐久性。紙製ということで、具材からしみ出た汁などによる「弁当の形崩れ」は誰もが心配するところである。


関連記事:コンビニ弁当上げ底検証『ファミリーマート ミックスグリル弁当』

 

■リュックに入れて耐久性を確認

ファミリーマート

そこでしらべぇ編集部は、ファミリーマートに足を運んで紙製容器の「炙り焼き鮭といろいろおかず弁当」を購入。

ファミリーマート

フタはプラスチックを使用しているものの、容器そのものは紙製。手に持った感じは、なかなか頑丈そうだがはたして…。

ファミリーマート

持ち運ぶことを想定し、リュックの中に入れて20分ほど歩いてみることにした。道中、さまざまな衝撃が加わったので変形していないか少々心配だ。

→Amazonおせち料理2023 早割で最大1万ポイントゲット 10/8(土)まで

次ページ
■弁当の形はキープされたのか…
弁当ファミリーマートエコファミマプラスチック容器紙製品炙り焼き鮭といろいろおかず弁当
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング