西川貴教が起こした信じられない機材トラブル 「普通は絶対ありえない」

ヴォーカリスト・森内寛樹が、西川貴教の声量のすさまじさを物語る逸話の数々を披露。

テレビ

2021/04/08 15:30

西川貴教

8日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)に、歌手の西川貴教が出演。そのすさまじい声量により、度々信じられない機材トラブルを起こしているという逸話が明かされた。



 

■とにかく声量が規格外

歌手・森進一の息子で、ロックバンド「MY FIRST STORY」のヴォーカルであり、今年1月にソロデビューした歌手・森内寛樹がマンスリーMCを務める「SHOW CASE」にゲストとして出演した西川。

森内は、「もう、ちょっとレベルが違うんですよ。声量を測る機械があるんですが、そのメーターを振り切るとか、声だけでグラスを割るとか…そういう信じられない化け物じみた逸話ばっかり」と、西川の声量はプロのアーティストの中でも規格外だと話す。


関連記事:西川貴教、50歳で未成年に間違われる 「坊やダメよって叩かれて」

 

■レコーディングでマイクが壊れる

そんな凄まじい声量を持つ西川のレコーディングともなれば、振動を抑えるフィルターをマイクに入れる必要があるそう。

「レコーディング作業でプロが使うマイクはすごくセンシティブで…」「(フィルターを入れないと)声を受けるマイク自体が壊れちゃうんですよ。ご存知ない方がマイク立てちゃって、スタジオのマイクを3本くらい壊しちゃった」こともあるのだとか。

森内も「そんなこと、普通は絶対ありえないんですよ…」と改めて驚く。

次ページ
■エフェクターに「楽器」と認識される