笠井信輔、池江璃花子選手の優勝に歓喜 「室伏長官へのエールになったはず」

フリーアナウンサーの笠井信輔が自身のブログを更新。池江璃花子選手やスポーツ庁の室伏広治長官について綴った。

エンタメ

2021/04/09 19:00

笠井信輔

9日、フリーアナウンサーの笠井信輔が、自身の公式ブログを更新。競泳の池江璃花子選手が日本選手権で優勝したことを喜び、心境を明かした。



 

■「優勝ですよ優勝」

この日、「すごいぞ!池江選手」と題してブログを更新。「池江璃花子さんが、競泳日本選手権、女子自由形100メートルで、優勝!」「400メートルリレーでの東京五輪出場が内定しました」と、仲間と抱き合って喜ぶ、池江選手の写真を投稿した。

そして、「それにしても、優勝ですよ優勝」「1年にわたって白血病の治療をしてきた彼女が、100メートル自由形で日本一速い女性になったんです」と嬉しそうに説明。

さらに、池江選手の今回の優勝と東京五輪出場内定は、悪性脳リンパ腫で闘病中と報道されているアテネ五輪のハンマー投げ金メダリストで、スポーツ庁の室伏広治長官への「これ以上ないエールになったはず」と語る。


関連記事:モト冬樹、池江璃花子選手の内定に言及 「無理やりでも五輪をやってあげたい」

 

■「頑張っている2人のためにも」

笠井は、前日に更新したブログとインスタグラムにて、室伏長官の体調について報道で知りショックを受けたことを明かしている。「周りには弱音を吐かずにここまでこられたのではないか?」と心配し、回復を祈っているとも綴っていた。

今回のブログでは、頑張っている2人のためにも、これ以上コロナが広がらないよう、それぞれ努力することが何よりの応援になるのではないかと呼びかけている。最後には、「わたしも地道にコロナ対策を頑張って、応援します」とブログを締めくくった。


■室伏長官への応援メッセージも

一連の投稿にファンからは、「池江璃花子さんには勇気づけられますね」「池江選手は本当にすごい」「笠井さんの言葉はとっても力強い」「私も頑張ろうという気持ちでいっぱいです」などのコメントが寄せられている。

また、室伏長官の報道に驚いたという声や、「回復を祈り信じています」「頑張ってくださいとエールを贈ります」といった応援のメッセージも多く書き込まれていた。

・合わせて読みたい→池江璃花子選手、番組取材班が目の当たりにした想像を絶する孤独な闘い

(文/しらべぇ編集部・maitama