ローソン、刺激があり過ぎる「カルボナーラ」 混ぜた時点で異変に気がつく

ローソンの新商品はカルボナーラなのに辛い!? 実際に食べてみたら想像を超えて激ウマだった。

グルメ

2021/04/10 06:00

近年のコンビニのチルド商品といえば、美味しい商品はもちろん、「なるほど」と思うような斬新な商品もよく並んでいる。先日ローソンに訪れたところ、一風変わった「カルボナーラ」を発見した。


画像をもっと見る

 

■辛いカルボナーラだと…

その商品が『レッド!ホット!カルボ!』(税込498円)。「カルボ!」は「カルボナーラ」を意味していると想像できるが、「レッド!ホット!」は「辛い」を指しているのだろうか。カルボーナーラなのに辛い…気になり過ぎる。

ということで購入してみることに。

なお、商品を見てみると、ソースの色は赤くカルボナーラというより、トマト系のパスタに近い。しかし中心にはカルボナーラの肝となる卵黄(実際は卵加工品)がのっている。

公式サイトによると「4種のチーズを使用したカルボナーラソースをベースに、トマトソースと唐辛子を合わせたピリ辛カルボナーラ」とのこと、これは期待しかない。


関連記事:遊戯王の雑魚カード『カルボナーラ戦士』が突如トレンド入り 意外なその理由は…

 

■ノーマルのカルボは激ウマ

ちなみにだが、ローソンにはノーマルのカルボナーラ『カルボ!カルボ!カルボ!(新商品はチーズ!チーズ!カルボ!)』(税込480円)もある。

これでもかと濃厚なチーズの香りと味が楽しめて、多くのファンを獲得している商品なだけに、今回の『レッド!ホット!カルボ!』のハードルも自然と高くなってしまう。

次ページ
■食べて衝撃走る

この記事の画像(7枚)