コロナ感染のノンスタ井上、ホテル療養生活で痛感したこと 「健康において…」

新型コロナウイルスに感染した井上裕介が、ホテルでの療養生活を詳細に記した。1日のスケジュールは朝7時に始まり…。

エンタメ

2021/04/18 22:05

ノンスタイル・NON STYLE・井上裕介

お笑いコンビ・NON STYLEの井上裕介が18日、自身の公式ブログを更新。新型コロナウイルスに感染した後のホテル療養生活についてつづった。



 

■17日からホテル療養に

15日にコロナ感染を発表。17日から保健所の指示に従って、用意してもらったホテルで療養することに。

「医療従事者の方が管理のもと、毎日2度の検温チェック」「電話での健康確認」「免疫力を上げるための、1日3食バランスの良い食事も提供していただけます」と明かしていたが、この日はさらに詳細に記した。


関連記事:立川志らく、『グッとラック』で自宅療養の現状に言及 「これは医療崩壊」

 

■7時から検温

ホテルでの療養生活は朝が早く、起床は7時。療養中の患者全員がこの時間から検温をして、体温と血中酸素濃度を看護師に伝えなければならないという。

「万が一寝坊であったり、体調変化によって、検温チェックが看護師さんに報告出来なかったりすると、生存確認のために部屋にまで看護師さんが駆けつけてくれるシステムになってます。これは、ものすごく安心出来ます」と説明した。

次ページ
■規則正しい時間に食事