常連客なら常識 丸亀製麺の「釜揚げうどん」を最高においしく食べる方法

丸亀製麺の大人気メニュー「釜揚げうどん」。食べているとつけだしが薄まってしまいがちだが、これを防いでおいしく食べる方法が…

グルメ

2021/04/19 06:30

丸亀製麺

讃岐うどんチェーン店「丸亀製麺」といえば、看板にも書いてあるように『釜揚げうどん』(並:290円)が代名詞の人気メニューだ。


画像をもっと見る

 

■つけだしが薄まりがち?

釜揚げうどん

雰囲気のある専用の桶で提供される同メニュー。ざるうどんのように、つけだしで食べる。

もちもち食感で、麺の表面がざらざらとしてだしが絡んで非常においしいメニューだが、唯一、気になるところは、つけだしにうどんを入れる際に桶の釜湯が入ってしまって「つけだしが薄まること」。もともと味が濃いつけだしのため、薄まってもしっかりと味はあるのだが、だしの濃さをそのままキープしたいという人は少なくないはず。

この悩みについて、丸亀製麺の公式ツイッターアカウントが12日に「釜揚げうどん通の食べ方」として解決方法を紹介している。


関連記事:丸亀製麺マニアが注目のメニューにない『焼肉丼』が激ウマ 1杯を3度楽しむ方法

 

■桶を有効活用しよう

釜揚げうどん

その方法とは、うどんを桶にすらせて湯切りすること。釜揚げの桶のすぐ横に黒猪口を置き、そのままうどんをすらせると…

釜揚げうどん

このように、桶が釜湯をしっかりと切ってくれるのだ。

釜揚げうどん

これでつけだしを薄めることなく、釜揚げうどんをおいしく楽しむことができるぞ。

釜揚げうどん

次ページ
■オーダー時に「湯切り」と頼むと…

この記事の画像(9枚)