小島みなみがエッセイを出すとしたら… タイトルを想像するもまさかの結論に

小島みなみちゃんがもしエッセイやフォトブックを出すとしたら…どんなタイトルに?

小島みなみ

小島みなみちゃんが、しらべぇラジオのリスナーから寄せられたお悩みに真面目にお答えするコーナー「小島みなみのキラキラ相談室」。今回は、エッセイやフォトブックを出版する際のタイトルについて回答してくれた。



 

①新種のいちごの名付け親に?

「いちご狩りの季節ですね。いちご狩りには行きますか?」


毎年この季節になるといちご狩りに出かけていたというみなみちゃんだが、今年は新型コロナウイルスの流行もあり、我慢しているのだとか。

昨年の夏は、農業をしているおばあちゃんの家にあるいちごの世話を手伝ったそう。おばあちゃんが新しい品種を開発している最中のため、完成したら「私が名前つけたいなーって思ってます」と楽しそうに語った。


関連記事:小島みなみ、ダイエットにオススメの動画を紹介 「毎日2回は観てる」

 

②本を出すとしたら…

「こじみなちゃんがエッセイやフォトブックを出されるときは、どんなタイトルにしたいですか?」


「考えたこともなかった!」と驚くみなみちゃん。「エッセイとかフォトブックって、おしゃれな人が出せるやつでしょ?」と謙遜しながらも「くぅ〜出したいな!」と前向きな様子。

みなみちゃんには「あなたにハピネスプレゼント 小島みなみです」という自己紹介があることから、「ハピネス」というワードは盛り込みたいと考えているよう。

しかし、もし出版の話が来た際には、常に等身大の自分でいたいため「そのとき考えたいと思います!」と回答してくれた。

・合わせて読みたい→小島みなみ、高校生時代に実践していた「友達の作り方」を明かす

(文/しらべぇ編集部・しらべぇ編集部