関口宏、川崎宗則の小道具「チェスト」に困惑 対応に批判の声も

『サンデーモーニング』に栃木ゴールデンブレーブスの川崎宗則選手が出演。自作の小道具を使った独自スタイルのコメントに、関口宏はついていけず…

テレビ

2021/04/25 11:15

関口宏
25日の『サンデーモーニング』にBCリーグ・栃木ゴールデンブレーブスの川崎宗則選手がゲスト出演。そのコメントと関口宏の対応が賛否両論となった。



 

■関口が川崎選手の近況を質問

栃木ゴールデンブレーブスのユニフォームを着てリモート出演した川崎選手。関口は「今何なさってるの?」と声をかける。

どんな質問にも笑顔の川崎選手は「今、栃木のゴールデンブレーブスというチームに所属して、野球しております」と語る。その事実を知らない様子の関口は「現役でやってらっしゃるの? いくつになられた?」と再質問。

ゲストに招く以上、知っておいてほしい情報にも思えるが、川崎選手は笑顔で「現役でやってます。40になりました今年」と答えた。


関連記事:張本勲氏、『サンデーモーニング』で大谷翔平を大絶賛 「掌返し」との声も

 

■自作の「チェスト」を用意

川崎氏は東北楽天ゴールデンイーグルスの田中将大投手がNPB通算100勝を達成したニュースに、このコーナーで使っている「あっぱれ」を模した紙に「チェスト」と書かれた紙を取り出し「チェスト」と叫ぶ。

張本勲氏は我が子を見るように笑っていたが、関口は「また何か訳のわからないもの作ってますね。それ前も出したことなかったっけ?」と厳しいツッコミ。

それでも川崎選手は笑顔を浮かべ「そうでしたっけ、初めてなような気がしますけど。チェストって鹿児島弁で『よくやった』ってことです」と説明した。

次ページ
■「こっちは喝しかない」