フタ閉まらない罪深き「唐揚げ弁当」を発見 味・量・価格とも申し分なしの傑作

千葉・柏市にある「よっちゃん弁当」。20年以上の間、地元民から愛されている味を体験すると…

グルメ

2021/04/27 06:15

弁当の中で圧倒的な人気を誇る唐揚げ弁当、最近では専門店の新規出店が相次ぐなど注目度が増している。

そんな中、千葉・柏市にある弁当店が「味・ボリューム・価格」の三拍子そろったメニューを提供していたので紹介したい。


画像をもっと見る

 

■地元民に愛される「よっちゃん弁当」

よっちゃん弁当

それは、国道16号から一本入った通りにある「よっちゃん弁当」。店構えから歴史を感じる同店は、20年以上地元民に愛されている。

よっちゃん弁当

周辺にはスーパーマーケットや雑貨店などの店舗が営業しており、交通量はやや多め。最寄りは東武アーバンパークライン・逆井駅だが、徒歩40分となるので車がないと厳しい距離だ。


関連記事:唐揚げの量に衝撃 肉のハナマサ「人気No1弁当」がとんでもないコスパ

 

■あまりのボリュームにフタが閉まらない

よっちゃん弁当

店舗に到着後、記者は迷わず「唐揚げ弁当 ライス大盛り」(600円)を注文。ちなみに普通盛りは550円となっている。

よっちゃん弁当

輪ゴムを外して弁当の容器を横から見てみると、ボリュームが多くフタが閉まらなくなっているではないか…。

よっちゃん弁当

待ちに待った弁当とのご対面、唐揚げとご飯がなかなかの量だということが判明した。それだけでなく、きゅうりやトマト、煮物などが入っているのもうれしいポイント。

次ページ
■カリカリとした皮で食感が最高

この記事の画像(7枚)