ゴールデンウィークの天気を気象予報士・千種ゆり子が解説 過去には竜巻発生の被害も

北日本はまるで梅雨? 西日本もすっきりしない天気となりそうな予報ですが…。

話題

2021/04/27 13:30

気象予報士・千種ゆり子

まもなくゴールデンウィーク。今年は皆さん遠出しないとは思いますが、それでも天気は気になるもの。GWの天気予報を地域ごとに、気象予報士の千種ゆり子がお伝えします。


画像をもっと見る

 

■まるで梅雨? 北日本は雨マーク続き

春に三日の晴れなしということわざがありますが、北日本を中心に晴れが続きにくいのが今年のGWの特徴となりそうです。

ゴールデンウィーク天気予報

北日本に低気圧が近づいたり、上空に寒気が入ったりすることが多いためです。ずっと雨が降り続くということはないものの、1日のどこかで傘の出番になる、という可能性が高いです。

この時期は雹(ひょう)や霰(あられ)が降って農作物などに被害の出やすい時期ですので、注意が必要になります。


関連記事:関東では今夜から雪の予報に 各都県ごとの「いつ・どこで」を気象予報士が解説

 

■関東から西は定期的に雨

関東から西も、先週のように青空がずっと続く、という予報ではありません。太陽マークもあるものの、背景色がグレーが多いことからもわかるように、雲が目立つ空となる予想です。

また、まだ今は雨マークのついていない4月30日(金)〜5月2日(日)あたりは、上空に寒気が入るため、大気の状態が不安定になります。まだ詳しくは予報できませんが、場合によっては雷雨や突然の雨の可能性があるのが4月30日~5月2日です。

ゴールデンウィーク天気予報

今のところ最も安定して晴れるのが5月3日。布団干し、掃除、買い出しなどは、この3日がオススメです。裏を返せば、この日以外は、ちょっとまだ怪しいです…。

次ページ
■過去GWには竜巻被害も発生

この記事の画像(5枚)