ゴールデンウィークの天気を気象予報士・千種ゆり子が解説 過去には竜巻発生の被害も

北日本はまるで梅雨? 西日本もすっきりしない天気となりそうな予報ですが…。

話題

2021/04/27 13:30


 

■過去GWには竜巻被害も発生

2012年の5月6日、茨城県つくば市・常総市や栃木県真岡市などで強力な竜巻が発生。1人が亡くなり、37人が負傷、200以上の住家が全半壊しました。この時の風速は瞬間的に70~92メートルと、猛烈な台風並み、考えられないくらいの暴風が吹きました。

このくらいの風が吹くと、壁が押し倒され住家が倒壊する。非住家はバラバラになって飛散し、鉄骨づくりでもつぶれる。自動車は持ち上げられて飛ばされる。森林の大木でも大半折れるか倒れるかし、引き抜かれることもある。こんな被害が出るくらいの風でした。


関連記事:今週末にも「南岸低気圧」発生か? 東京の雪は一発屋

 

■意外な「安全な場所」

しかし竜巻は前もって予測することが困難なため、対処法を事前に知っておくことが必要です。このGWは自宅に留まる方が多いかと思いますので、家の中で最も安全な場所をお伝えします。それは、バスタブの中です。

バスタブ・バスルーム
(kazuma seki/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

アメリカではバスタブの中にいて、竜巻から難を逃れた事例が報告されています。その他にも窓がないトイレやお風呂場などが良いとされています。

このGWも、こういった竜巻などが発生する可能性はゼロではありません。これから夏の災害シーズンに向けて、気象サバイバル知識を少しでも身に付けて頂けたら幸いです。

・合わせて読みたい→今季初の寒波襲来を気象予報士が解説 来週は日本海側でいきなり猛吹雪・大雪の恐れ

(取材・文/気象予報士・千種ゆり子

この記事の画像(5枚)