痴漢で逮捕されたオネエタレントが地上波テレビ出演し炎上 取り上げられなかった司法の闇

全身真っ黄色のコスチュームで町中を徘徊し、「リアルピカチュウ」と呼ばれている濱田雄馬がテレビ東京に出演し話題を呼んでいる。

2021/04/29 10:30

濱田雄馬

これは春の珍事か、放送事故か、それとも確信犯なのか? ゴールデンタイムの地上波に”痴漢”が出演して、物議を醸している。

番組はビートたけしや国分太一がMCを務めるテレビ東京『23時の密着テレビ「レベチな人、見つけた」』で、問題の回は27日に放映されたもの。番組は街角で見つけた奇抜な格好をした人に密着する企画で、その中にいわく付きの”問題児”が含まれていた。



 

■「リアルピカチュウ」で知られる

問題となった人物は、同性愛者でオネエタレントと称する濱田雄馬。芸能事務所やネットメディアの代表と名乗って、全身真っ黄色のポケモン・ピカチュウのコスチュームで町中を徘徊し、「リアルピカチュウ」と呼ばれ、一部では知る人ぞ知る御仁だ。

濱田はYouTuberからインタビューを受けることが多々あり、そこでは10年以上、芸能事務所を続けていると主張する。ただ、法人化しているわけでもいない自称”芸能事務所”で、所属者は1人しかいなく、現在は開店休業状態だ。

運営するメディアにいたっては、登録者が200弱のYouTubeチャンネルを開設しているだけなのだが、それを以てネットメディア代表と称して、プレス待遇で各種イベントに侵入していることが確認されている。

他方、『笑っていいとも』をはじめ、テレビや映画に「ちょい役」で出演していて、マツコデラックスやブルボンヌなどに比べたら格落ちだが、オネエタレントとしてはそこそこ認知されている。


関連記事:女性救命士の股間をわしづかみした男性 逮捕後に持病発覚で意外な展開に

 

■痴漢で逮捕され全国紙が報道

さて、その濱田の名を全国に知らしめたのが2018年4月17日のことである。当時の報道や取材した記者の証言から事件を再現する。

濱田は同日19時32分〜41分頃にかけ、小田急小田原線の下北沢−登戸駅を走行中の列車内で、前に立っていた男子大学生(20)の股間をズボンの上からムギュッとわしづかみした。

ひょっとしたら、それだけでは事件にならなかったのかもしれない。ところが、相手が抵抗しないと見るや濱田は犯行をエスカレートさせ、男性のズボンのチャックを下ろして手をまさぐり入れ、パンツの上から陰部を弄んだ。

大学生はとっさの出来事に面食らいながらも、冷静に「触りましたよね」と腕をつかむと、濱田は神妙な面持ちで「すみません」と謝罪。そのまま電車からホームに降ろして現行犯逮捕され、駆けつけた多摩署員に身柄が引き渡された。濱田は容疑を認め、全面自供した。

次ページ
■『警察公論』にも掲載

→【Amazon】対象は2万冊以上! Kindle本夏のビッグセール【最大50%OFF】

痴漢弁護士ツイッターテレビ東京YouTubeポケモンオネエタレントマック赤坂ビートたけしピカチュウ国分太一芸能事務所痴漢冤罪笑っていいとも濱田雄馬リアルピカチュウ警察公論毒蝮三太夫今村核
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング