セブン、シンプルすぎる「わさびめし」を発売 お茶漬けで食べると最高だった

セブンイレブンの新商品、「わさびめし」がかなりのウマさ。和風で上品な味に思わず…

2021/05/14 06:15

コンビニ大手のセブン-イレブンは11日、北海道、福島、関東、北陸、中京、近畿、九州で「一番だしおむすび わさびめし」(124円)を販売した。


画像をもっと見る

 

■袋を開けるとわさびの刺激が…

セブン

カツオと昆布の一番だしを使ったこの商品、あまりにもシンプルすぎておにぎりコーナーの中で逆に目立つのだ。パッケージには具材の画像などはなく、中心に「わさびめし」と達筆な字がプリントされている。

シンプルだが商品のクオリティにはこだわっているようで、国産のうるち米ともち米がブレンド。きっと、見た目ではなく味で勝負する職人肌のおにぎりなのだろう。

セブン

袋を開けると、鼻にツーンとくるわさびの刺激的な匂いが広がる。これはもしかすると、結構な辛さなのかもしれない。


関連記事:炊飯器で作る愛媛県松山市の『北条鯛めし』 神功皇后も食べた味が超簡単に

 

■辛さのバランスはちょうど良い

セブン

記者が勝手に不安視していた辛さも実際に食べるとちょうど良く、爽やかな刺激が舌に伝わる程度。朝の寝ぼけた時間に食べると一気に目が覚めて、体が勝手にシャキッとすることだろう。

それだけでなく、カツオと昆布の一番だしがご飯に染み込んで、上品な旨味を表現しているではないか…。かなりの美味しさであっという間に完食していた。

次ページ
■お茶漬けがとんでもなく美味かった

→【50%還元】Kindle本ポイントキャンペーン 5月26日まで

セブンイレブンおにぎりわさびお茶漬けセブンだしわさびめし
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング