SWASH緊急寄稿 「新聞が風俗撲滅を扇動した日、一人の少年が風俗嬢を殺した」

容疑者の少年は、犯行動機の一つとして、「風俗業は少子高齢化の歯止めに役立っていない」という趣旨を話しているという。

2021/06/03 23:05


 

 

■海外でも起きるヘイトクライム

セックスワーカーの人々をターゲットにしたヘイトクライムは、海外でも最近起きている。今年3月、米アトランタのマッサージ店が次々に銃撃され、アジア系女性6名を含む従業員8名が殺された。

これについて、反人種差別の団体や移住労働のアジア人セックスワーカー支援団体等、7団体が次のような声明を発表している。

「反移民および反セックスワーカーの法律は、アジアの移民セックスワーカーに対する憎悪を助長し、奨励し、彼らを権利と保護に値しない、価値のないものとしてラベル付けしています」。


関連記事:秋葉原“偽装メイドカフェ”5店舗が摘発 近隣店が「清々した」と語る理由

 

■人を属性で判断しない

殺された彼女は殺される前まで、どんな暮らしをしていたのだろう。どんな夢ややりたいことがあって、休みの日はどんな時間を送っていたのかな。殺されなかったら、その日は誰とどんな話をしながら、どんなおいしいものを食べる予定だったのかな。

きっと彼女には大切な人、時間、空間、好きなこと、考え、気持ちが豊かにあった。彼女の生きた時間を具体的に想像する。それが、人をイデオロギーとして見ないということであり、人を属性で判断しないということだ。

彼女の悔しさ、恐怖、絶望、未来の喪失、命は、私たちの何と引き換えになったのか。

・合わせて読みたい→『ねほりんぱほりん』派遣型風俗ドライバーが最も変な客を告白 その名も「セメント男」

(寄稿/SWASH代表・要友紀子)

Amazonタイムセール&キャンペーンをチェック!

性風俗SWASH移民立川市シティホテルプロパガンダヘイトクライム要由紀子匿名報道セックスワーク風俗業セックスワーカー
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング