Amazonで買い物するときに役立つ“裏技” 「便利すぎる」と話題に

Amazonで買い物をするとき、商品が多すぎてどれを選んだらいいか迷いがち。そんなとき、一つの目安になるかも?

2021/06/21 15:30

Amazon

Amazonは6月21日から22日にかけて、プライム会員に向けた年に一度の大型セール「Prime Day(プライムデー)」を開催中。この機会にAmazonを利用するユーザーも増えそうだが、その際に役立つ裏技がSNS上で話題になっている。


画像をもっと見る

 

■URLの末尾にコードを入力

Amazon
(画像はAmazonのスクリーンショット)

例えば、スマホやパソコンで役立つ「モバイルバッテリー」を例に試してみよう。Amazonで欲しい物を検索した際に、URLの末尾に「&emi=AN1VRQENFRJN5」と入力すると…

Amazon
(画像はAmazonのスクリーンショット)

このように一覧が大きく変わる。

Amazon
(画像はAmazonのスクリーンショット)

注目すべきは検索結果の数。何もしない場合は1,000件以上あったが、該当のコードを入れると85件に。Amazonでは、出荷元はAmazonで販売元が違うケースがあるが、このコードを入れることで販売元が違うものを取り除く効果があるようだ。


関連記事:くりえみの買い物、特殊すぎ? 「童貞を殺すニット最新版」に高評価の嵐

 

■トレンド入りするほど話題に

もちろん、出荷元と販売元が別でも優良な商品は数多くあるが、販売元が違う商品を購入してミスをしてしまった…という人は少なくないのだろう。とくにプライムデーなどのセールの場合、安いからと普段よりも多く買い物をしてしまった結果、満足のいく商品ではなかったというケースもあるはずだ。

ツイッターでは「これは助かる」「便利すぎる」「怪しい業者を取り除けて良さそう」といった声があがっており、Yahoo!リアルタイム検索では「&emi=AN1VRQENFRJN5」が21日昼時点でトレンド3位にまでなっている。

→Amazonおせち料理2023 早割で最大1万ポイントゲット 10/8(土)まで

次ページ
■人気商品を見落とすことも?
トレンドツイッター通販amazon裏技プライムデー
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング