藤井流星、出演ドラマのエゴサでショックを受けたと回顧 「エセ関西弁って…」

ジャニーズWESTの藤井流星が、Jr.時代に出演したドラマのエゴサーチをした際、あらぬ勘違いで批判されていたことを振り返った。

2021/07/01 20:45

ジャニーズ事務所

ジャニーズWESTの藤井流星が、1日放送の『VS魂』(フジテレビ系)にレギュラー出演。Jr.時代、エゴサーチをしてショックを受けたと明かした。



 

■デビュー前出演のドラマで…

最終対決・クラッチゲッターの前、天の声から「仕事で言われたショッキングな一言」という質問が。藤井はこれに、「僕、7年くらい前に…」とデビュー前のことを明かし始めた。

「初連ドラ、『ミス・パイロット』っていうフジテレビのドラマに出たときに…」と語ると、画面には当時の画像と作品概要が。役どころはパイロットを目指す候補生で、藤井は当時のことを「関西弁の役やたんですよ」と振り返る。


関連記事:坂口健太郎がエゴサーチして気づいた性格とは 「自分へのダメージには結構鈍感」

 

■勘違いでの批判コメントが

「さすがに初連ドラやから、ちょっと初回放送の感想とか気になるやないですか? ネットでちょっと調べたんです」と、第1話でエゴサーチをしたという藤井。

しかし、続けて「大多数が『エセ関西弁』って書かれてて…」と、大阪出身にもかかわらず、方言へのダメ出しが噴出していたと明かした。

嵐の相葉雅紀が「本物なのに!?」と驚くと、藤井は「俺、本物なのに…」と悲しげに。アンタッチャブル・山崎弘也の「(大阪)出身なんでしょ?」との問いにも、「出身!」と再び悲しげな様子を見せた。


■関西人ほど「エセ関西弁」に不快感

まだデビュー前で知名度が低かったゆえか、全くの勘違いで批判を浴びてしまった藤井。ちなみに、しらべぇ編集部が全国10〜60代の男女1,844名を対象に調査したところ、全体の36.1%が「『エセ関西弁』に不快感を覚える」と回答している。

地域別に見ると、首都圏が32.1%であるのに対し、近畿は半数を超える55.0%に。ネイティブの誇りからか、地元のほうが「エセ」に厳しいようだ。

エセ関西弁に不快感を覚える地域別グラフ

公開中の映画『映画 賭ケグルイ 絶体絶命ロシアンルーレット』はじめ、俳優として多くの作品に出演する藤井。今度はその演技力でポジティブな反響を集めることに期待したい。

・合わせて読みたい→「こと座流星群」の神秘的映像を学芸員が撮影に成功 流れ星を見るコツを聞いた

(文/しらべぇ編集部・玉山諒太

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2020年9月18日~2020年9月23日
対象:全国10代~60代の男女1,844名 (有効回答数)

「楽天スーパーSALE」12月4日20時から 約200万点が半額以下に

テレビSNSエゴサーチジャニーズWESTエセ関西弁相葉雅紀藤井流星山崎弘也VS魂ミス・パイロット
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング