梅沢富美男、日本ハム・清宮幸太郎を独自分析 「二軍で打率2割台前半は最悪」

今季一軍出場がなく、二軍でも打率2割台前半と苦しむ北海道日本ハムファイターズ・清宮幸太郎選手。梅沢富美男は、そんな清宮選手をどう見るのか?

2021/07/01 23:55

梅沢富美男

1日放送の『バラいろダンディ』(TOKYOMX)で、梅沢富美男が北海道日本ハムファイターズ・清宮幸太郎選手について持論を展開した。



 

■二軍でも苦しむ清宮選手

清宮選手が今季一軍の出場がなく、二軍でも7本塁打を放っているものの、打率2割台前半と苦しんでいるという記事を紹介した『バラいろダンディ』。

同選手が伸びない理由として、「もともとおっとりとした性格で、ファイターズの自主性を重んじる雰囲気がプラスに働いていない」という声が上がっているのだという。

そして、「首脳陣も厳しく叱責することがない」「おっとりとした清宮の性格を考えるとビシビシと容赦なく怒る指導者がいいのでは」という指摘があることが紹介された。


関連記事:梅沢富美男、石破茂氏の会食問題を「情けない」とバッサリ 「ほんとそれ」と共感の嵐

 

■梅沢が清宮選手の現状に…

梅沢は清宮選手について、「俺はこの番組では彼が日本ハムに入るときに、VTRを探せばあると思うよ。俺はホームランバッターじゃないって言ったんだから」と話す。

続けて、「彼は中距離ヒッターだって言ったんだよ。金村君に聞いたのよ。『金村君もうん、中距離ヒッターです』って。打球を見ればわかるんだよ。彼にホームランをってマスコミが騒いでみんなが求めたからね。ホームランの打ち方になってんだろうけども、俺は中距離ヒッターだと思うよ」と指摘。

さらに「二軍で本塁打7本、すくねえって。打率2割台前半って、これ最悪だと思うよ」と現状をバッサリ斬った。

次ページ
■金村氏「終わる可能性もある」
野球ふかわりょう北海道日本ハムファイターズバラいろダンディ梅沢富美男清宮幸太郎金村義明
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング