キンコン梶原の手帳に書かれたメモにスタッフ驚愕 「怖いの見つけたぞ」

「カジサック」の動画に関するメモが書かれていたはずが…。思わぬ内容に梶原雄太もスタッフも驚き。

2021/07/12 15:20

カジサック・梶原雄太

「カジサック」ことキングコングの梶原雄太が11日、自身のYouTubeチャンネル『カジサック KAJISAC』を更新。スタッフの抜き打ちチェックで梶原が普段から使っているキャリーケースの中身が公開され、出てきた手帳が反響を呼んでいる。



 

■仕事熱心ぶりがわかる手帳

こだわりで普段から大きなキャリーケースを持ち歩いている梶原。スタッフが抜き打ちで中身をチェックすると、カジサックの衣装のジャージと、名前用のテープとペン、ワックスなどのヘアセット、そして手帳とかなりシンプルだった。

その中で注目されたのは手帳の中身だが、梶原は「皆さんが見たいであろうプライベートなことは書いてないで? 完全に仕事のやつ。見たい? ああ結構リアルやで」と手帳の中身を公開。そこには、YouTubeにアップする前の動画をチェックして編集スタッフに指示できるよう、再生時間と修正案のメモが。

「何分から何秒までカット」「ここでSEの音入れてください」「BGM大きく」など細かい指示を出しているようだ。

【動画】カジサックの手帳に書かれた生々しい内容に本人とスタッフが困惑


関連記事:キンコン西野、泥酔状態で語った梶原への本音 熱い思いに「泣ける」の声

 

■スタッフの名前がびっしり

しかし、手帳を見ていく中でスタッフが「ちょっと待って」とメモを見ると、そこには「中野」「トンボ」「やすたけ」などスタッフの名前がいくつも書き殴られたページが。「めっちゃ名前書いてある。怖っ」「これデスノート? 怖いの見つけたぞ」と驚くスタッフに梶原は、「これは見せんでよかったやつやな」と照れる。

その理由について「みんなのこと考えたときに、その人の名前を書くクセがあんねん俺」と明かす梶原だが、そこに「K」というスタッフでもない名前を見つけると「ほんまに何でやこれ」と自身も驚いていた。

次ページ
■「これはちょっとカットかもな」

→【50%還元】Kindle本ポイントキャンペーン 5月26日まで

YouTube手帳キングコング梶原雄太カジサック
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング