梅沢富美男、池袋事故裁判に「法律変えて」と激怒 「よく言った」と共感相次ぐ

被告に禁錮7年が求刑された池袋事故の裁判。怒る梅沢富美男が法改正の必要性を訴えた。

2021/07/16 00:10

梅沢富美男

15日放送の『バラいろダンディ』(TOKYOMX)で、梅沢富美男が東京・池袋で発生した自動車暴走事故の裁判について、法改正を訴えた。



 

■池袋事故の裁判を紹介

番組は15日に開かれた池袋自動車暴走事故の裁判で、飯塚幸三被告(90)に禁錮7年が求刑されたニュースを紹介。

事故で妻子を失った夫が「7年は決して足りうるものではない」としながらも、「過失運転致死傷罪、最大7年のなかで最大の求刑が行われたという点では、検察官の判断に感謝したいと思います」と話す記者会見の様子が放送された。


関連記事:梅沢富美男、不倫報道の門倉健氏に苦言 金村義明氏も「本当なら球界激怒」

 

■梅沢が法改正を訴え

梅沢は飯塚被告に怒りを見せると、「法律がどうのこうのとか言ってるけども、7年とか言ってるけども、刑務所にいかなくていいかもしれないって、記事出てたよ」と話す。

ふかわりょうが「年齢的に…」とコメントすると、「法律を変えてくれよ、頼むから。そのために政治家がいるんだろう? 政治家がいるんだったら、偉そうなことばかり言ってないで、こういうときこそ、法律を変えろよ」とまくしたてる。

さらに「この法律(過失運転致死傷罪)だっていつできたんだ。昔からあった法律がどうのこうのと言うなら、今変えなよ。それができるのが政治家じゃないか」と訴えた。

→Amazonおせち料理2023 早割で最大1万ポイントゲット 10/8(土)まで

次ページ
■金村氏も同調
法律政治政治家ふかわりょうバラいろダンディ梅沢富美男金村義明
シェア ツイート 送る アプリで読む


人気記事ランキング